人生 Extra Slow

本を読んだ感想がメインです

タオ(道)とはなんだろう

本屋で老子を現代語風の詩にした書籍を見つけた。

  ジョン・カバットジンの「マインドフルネスを始めたいあなたへ」の1ページにタオの記述が出てきていたのを思い出した。仏教思想とは違うものなのだろうけど、どんなものなのかよくわかっていなかったので買って読んでみた。

 

タオ―老子 (ちくま文庫)

タオ―老子 (ちくま文庫)

  • 作者:加島 祥造
  • 発売日: 2006/10/01
  • メディア: 文庫
 

 

・タオは言葉では表せないものである。

・すべてのものの根源である。

・あらゆるところに永遠に存在するものである。

 

いわゆる「全体性」「ワンネス」に近いものと推測した。

 

グッときたフレーズを引用する。

それを知ることが智慧であり

知らずに騒ぐことが悩みの種をつくる。

いずれはあの静けさに帰り

蘇るのを待つのだと知ったら

心だって広くなるじゃないか。

心が広くなれば悠々とした態度になるじゃないか。

そうなれば、時には

空を仰いで、

天と話す気になるじゃないか。

天と地をめぐって動く命の流れを

静かに受け入れてごらん、

自分の身の上をくよくよするなんて

ちょっと馬鹿らしくなるよ。

 

 

 

 

歯のホワイトニングのテープをAmazon.comで買う

歯に積年のコーヒー汚れが沈着しており気になった。

歯の内部に入り込んでいるので、過酸化水素を含むものでないと劇的な改善は見込めないようだ。

ところが日本では過酸化水素を含むホワイトニング剤は市販できないことになっているので、輸入品を買うことになる。

ネットで調べると歯に貼り付けるテープみたいなやつがいいらしいのでそれを買うことにした。

 

しかし、

楽天Amazon.co.jp:ぼったくりのような高い値段で売られている。

・iHerb:品切れになっている

という感じだった。

 

ということでAmazon.comで買った。到着までは1週間くらい。Amazon.co.jpを使っていても、別にアカウントを作る必要がある。

www.amazon.com

 

ちなみに歯の表面の汚れは綿棒に活性炭入りの歯磨き粉をつけて軽くこするとアホみたいに落ちる。これ↓

www.amazon.com

 

抗うつ薬トリンテリックスを飲んでいる話、ヨーグルトメーカーの話

今年の4月くらいからかなりしんどくて、ここ最近精神科に通っている。

精神科って話をして精神状態の分析をフィードバックしてくれたりするものだと思っていたが、通っているところは少し違っていて「うーん、このお薬が良いかもですね」という簡素な感じだ。毎度の診察は5分くらいで少し寂しい気もするが、今のところだいぶ安定しているので満足している。短時間で患者の状態を見極めて適切な薬を出すのって難しそうだな、精神科医って職人的な職業だなと思った。

 

自分の症状は強い不安感が発作的に起こり、そういうとき考えがまとまらず、仕事で困っている。

という話をしたらトリンテリックスという新し目の薬を出されており、現在3ヶ月くらい続けている。

調べてみると、副作用少なめで意欲改善にも効果がある抗うつ剤のようである。

自分の感想としては気分が盛り上がる感じはないが、気づいたら上記の発作的症状の頻度が減っている、という感じである。あと、飲み始めは胃がかなり荒れたので太田胃散必須だった。

 

別の話だが以前1回だけ行った「患者さんとの対話を大切にしている」心療内科は酷いものだった。本当に辛いのでどうにかしてほしい、と藁にすがる気持ちで話をしたが「論理的な考えはできているし、大丈夫でしょ〜。どうしてもというなら治療できなくはないですけど〜」という意味不明な対応をうけた。自身の辛い気持ちを否定されることほどこたえることはない。

 

最近ヨーグルトメーカー(牛乳パックを40度に保温するだけの安物)を買ってヨーグルトを大量に作っている。

ほぼ任意の乳酸菌でヨーグルトが作れるので楽しい。

カスピ海:市販の種菌から。固まりやすい

ロイテリ:iHerbで買った粉末サプリから。酸っぱい、豆腐みたいに固まる

L8020:市販のヨーグルトから。粘り気がある、おいしい

「植え継ぎを繰り返すと雑菌が入って固まらなくなる」みたいな話をが半ば常識として言われているようだ。本当だろうか、移植するヨーグルトを多めに入れることでロバストに作れるのではと考え、牛乳1Lに対しヨーグルト100mlくらいで植え継ぎを繰り返している。

 

 

 

 

 

 

二酸化塩素の洗口液を自作する話

 

  • 注意
  • 導入:塩素系の洗口液の話
  • 予備知識
  • 実験
    • 用意するもの
    • レシピ(約250g)
    • 使用感
  • 補足

 

注意

素人が適当に調合した殺菌剤の水溶液を口の中に入れるという自殺行為のレポです。

筆者は人生を半ば放棄しているから、こんなことができるのです。

少しでも良識のある人は真似しないでください。責任とれません。

 

続きを読む

カフェイン依存症だったかもしれない話

4日くらいひどい頭痛に見舞われていて、とてもしんどかった。

熱もだるさもほとんどないのだが、ただただ頭が痛いだけ。

二日酔いの頭痛に似ているが、水をたくさん飲んでも痛みは軽減しない。

 

まあずっと寝てたらよくなったのだが、自分がこれまで経験したことのないタイプの頭痛だったのと原因がまるで思い当たらないのとで、あれはなんだったのだろう、と思っていた。

そこでいろいろ考えたり調べたりした結果、カフェイン依存症だったのでは、という考えに至った。症状がWikipediaに書いてあることと酷似しているからだ。

 

カフェイン依存症という診断名は厳密には存在せず(依存症というべき重大な症状はほとんど発生しないためだ)、カフェイン離脱症状というらしい。頭痛を感じる3日前くらいから毎日コップ3杯飲んでいたコーヒーを全く飲んでいなかったので、体の中のカフェインがなくなるにつれて離脱症状が出てきたのだと考えている。

 

思えば学生時代からカフェイン漬けの人生であった。人格改造マニュアルを読んでカフェイン信者になったのと、大学にいたときはエナジードリンク黎明期だったのが悪かった。

crea.hatenablog.jp

 

頭痛から回復して数日になるが、生きている感覚が以前と以下の点で異なっている。

・まだちょっと頭が痛い

・日中あまり眠くない

・食後のひどい眠気がない

・集中力が以前よりマシになった

 

おそらく、カフェインを摂り始めのころはこれと逆の恩恵を得ていたのだが、習慣化するにつれ効き目が薄れ、耐性を形成し依存症になっていたのだろう。

 

これを機にコーヒーはやめよう。

そう思ったのだった。

代わりになる味のついた水が欲しい。

タイに行った話

友達とタイのプーケットに行ってきた。

f:id:kmbkmb:20200214212955j:plain

大仏

タイは国民のほとんどが仏教徒だということだが、信心深いかというとそんな印象は受けなかった。あとタイ仏教は上座部仏教だと聞いていたが、大乗仏教地蔵菩薩や観世音菩薩を祀る仏像も街中で見かけた。そう単純じゃないんだなと思った。

街の空気が全体的にゆるい感じなのがよかった。ショッピングモールの店員さんたちが仕事中にスマホいじってたり居眠りしたりだったのが印象的だった。

 

普段の生活とは違うことをたくさんして、まだまだ自分の人生も楽しくできるかも、という気持ちが少し出てきた。旅程を決めてくれた行動力のある友達に感謝した。

旅行の効用は、「世の中は広いのだから、今自分がいるところで上手くいかなくても別に良いや」と実感させてくれることだと思った。

 

マウスピースについた白い汚れはクエン酸で8割落ちる話

噛み合わせを以前調整した流れで、主に寝るときにマウスピースをはめている。

最近下の歯にはめる方のマウスピースが妙に白くなってきていた。

 

噛み締めたところの結晶度が上がって白化したのかな、と最初は思ったのだが

調べてみると歯石らしい。綿棒とかブラシとかでも全然落ちなくて困った。

 

結論からいうと酸性の溶液で溶かすことができるらしい。

歯垢にカルシウム塩が沈着したものだそう。

 

つけおき実験結果

・水+クエン酸たくさん(マウスピースの溝くらいの嵩)→全然おちない

・80℃くらいのお湯+クエン酸たくさん(同上) → 5割くらい落ちた。再度やって合計8割くらい落ちた。その後飽和してしまった(それ以上落ちなくなった)。

 

クエン酸程度の強さの酸では完全に落とせなかった。

専用のがあるみたいだけど、まあそこまでしなくても良いかな。

これからもこまめにクエン酸洗浄をすることにしたのだった。